Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサイン、オンライン詐欺検出サービスの最新版 - 行動パターン分析で「なりすまし」をブロック

日本ベリサインは、オンラインバンキングなどのなりすましによる詐欺を防止する「ベリサインアイデンティティプロテクションオンライン詐欺検出サービス(VIP FDS)」の最新版を提供開始した。

同サービスは、ネットバンキングや通販サイト、ATMを使ったなりすましによる詐欺やマネーロンダリングを防止する事業者向けサービス。

ユーザーの行動パターンを自動的に学習し、不正な行動を検知する「リスクベース認証」を採用。普段と異なるパソコンやブラックリストにあるIPから接続しようとした際に追加認証を要求でき、オンライン詐欺を防止する。

最新版となる「VIP FDS 4.0」では、詐欺行為を検出するためのポリシーについて、複数のポリシー間でデータの共有が可能になるなど柔軟な設定に対応した。

さらに時系列での分析力を強化し、少額の資金移動を繰り返すなどの行動を効果的に検出できるほか、トランザクションが少ないユーザーの分析力を向上させた。また管理コンソールにおけるパスワード管理機能やレポート機能を強化している。

(Security NEXT - 2011/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
エフセキュア、法人向けセキュリティ対策製品にMac用クライアント
スマホフリック操作でネットバンクの操作を制限 - 三井住友銀ら
日立、FinTechへ金融機関の認証情報提供が不要となるAPI連携サービス
スマホから開設できる印鑑レス口座をスタート - 三菱東京UFJ銀
MSの駆除ツール、拡大懸念される不正送金マルウェア「Gozi」に対応
EMC、リスクベース認証製品に新版 - スマホから不正送金を拒否可能に
中国銀のネットバンクアプリ、iPhoneの指紋認証に対応
マンガ「サイバーセキュリティのひみつ」の電子書籍版が無償公開
楽天銀、利用者向けにマルウェア相談窓口 - 遠隔調査や駆除も