Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイキュエス、IRMツール「FinalCode」シリーズのラインナップを拡充

アイキュエスは、外部に送信したファイルの共有、管理、消去を制御できるIRMツール「FinalCode」のラインナップを拡充し、9月1日より販売を開始する。

同製品は、ファイルを暗号化してアクセス制御を行い、不正利用を防止するIRMツール。同社では、従来の「FinalCode」を「FinalCode Pro」と名称を変更。価格を抑えた機能限定サービスを今回あらたに「FinalCode」として展開する。

同製品では、文書ごとに自動でパスワードを設定。外部ユーザーが利用する際は、クライアントソフトによるユーザー認証を自動で行うため、ユーザーによるパスワードの管理が不要。

またアクセスログの収集機能を備えており、不正アクセスの状況なども確認することができる。あらたにサーバを構築せずに利用可能で、1アカウントあたりの年間利用料は3780円。

(Security NEXT - 2011/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM