Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃数が2万5000件台に - RSA調査

EMCジャパンRSA事業本部は、7月のフィッシング発生状況を取りまとめた。5月以降2万件台前半の水準で推移していたが、7月はさらに上昇して2万5000件台に達している。

110829em_01.jpg
7月は2万5000件台を記録(グラフ:EMCジャパン)

同社によれば、7月に同社が検知したフィッシング攻撃数は2万5191件で、前回調査の2万2516件を大きく上回った。4月の1万7376件からわずか3カ月で3割近い上昇を記録した。

6月に引き続き、fast-flux攻撃が検知されているが、目立った動きではなく、以前同攻撃を大規模に展開した犯罪組織「Rock Phish」による攻撃でもなかった。

攻撃を受けた国別にみると米国が48%と半数を占めており、28%でイギリスが続いている。5%のブラジルをはじめ、3位以下はひと桁台で続いている。

攻撃を受けたブランド数は321件。6回以上攻撃を受けたブランドが172件と半数強に上っている。今回はじめて攻撃を受けたブランドは13件だった。

攻撃を受けたブランドの国別順位では、米国が31%で突出しており、イギリスが12%で英国だった。従来より割合が下がっているが、統計方法の変更によるもので大きな傾向の変化はなかった。

フィッシング攻撃のホスト国は53%が米国で半数以上に上っている。2位はカナダとドイツがそれぞれ5%だったがひと桁台となり、米国が突出した状態が続いている。

(Security NEXT - 2011/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超