Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヒサゴ、廃棄時に記載内容を分断できる宛名ラベル

ヒサゴは、簡単にラベルの印字面を分断して捨てることができる「シュレッダーラベル 12面」を発売した。

110829hi_01.jpg
利用イメージ

同製品は、ラベルの一部をめくり、印字内容を分断することで、個人情報など記載内容が漏洩することを防止できる宛名ラベル。印刷は、コピー機をはじめ、レーザープリンタ、インクジェットプリンタ、熱転写プリンタなどに対応している。

同社が販売する「A4タックシール 12面」と同じ面付けで、同社ウェブサイトより無料印刷ソフト「ヒサゴ工房」をダウンロードすることも可能。価格は、20シート入りが1260円。100シート入りが5040円。

(Security NEXT - 2011/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術
「ほこ×たて」勝利のサカエ、裁断面積2.5ミリの新シュレッダー
NTTコムウェア、クラウドベースのマイナンバー管理ソリューション
ALSOK、マイナンバーの運用管理を支援するソリューション
日立、管理から帳票作成まで対応するマイナンバー管理代行サービス
大塚商会、中小企業向けに「らくらくマイナンバー対応システム」
黒い特殊のりでDMなどの印字情報隠す「ケスペタ」 - シヤチハタ
アスクル、細断片が飛び散らない業務用シュレッダーを発売
パナソニックSSJ、iPhoneに対応したMDMサービス最新版 - Androidではウイルス対策も可能に