Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GSX、IPv6検査サービスを開始 - IPv4混在環境にも対応

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)は、セキュリティ検査サービス「IPv6検査」を開始した。

110826gs_01.jpg
検査イメージ(図:GSX)

同サービスは、「IPv6」に対応したセキュリティ検査サービス。ネットワークに接続して実施する「オンサイト検査」として提供し、「IPv4」と「IPv6」が混在する環境にも対応する。料金は、10IPあたり105万円から。

同社では、「IPv4アドレス」と「IPv6アドレス」を変換し、「IPv6アドレス」のパケットを転送する機能備えたセキュリティ検査専用の「IPv4/IPv6トランスレータ」を独自に開発。同機器により「IPv4」と同等レベルで検査が可能になったという。

(Security NEXT - 2011/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インターネットリスク調査、日本は183カ国中155位 - 一方で25万台超がtelnetに応答
脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応
「Kea DHCPサーバ」のログ機能に脆弱性 - クラッシュのおそれ
Cisco IOS XRのIPv6処理でDoS攻撃受けるおそれ
IoT向け無線規格の普及目指す「IP500 Alliance Japan」が発足
「GHOST」はおそれずに足らず、冷静な対応を - 米Trend Microが指摘
ISA、ネットワーク機器を監視、電源制御で復旧する新製品
A10、ネットワーク製品にDDoS防御機能を追加
JPCERT/CC、「IPv6セキュリティテスト」の手順書と検証済み製品リストを公開
MS、深刻度「緊急」4件含む月例パッチ7件を公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正