Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、MSSにシスコの高トラフィックアプライアンスを追加

ラックは、同社セキュリティ監視センター「JSOC」にて提供しているマネージドセキュリティサービス(MSS)の対応機器を拡張した。

同サービスにおいて、高トラフィックに対応するシスコシステムズの「Cisco ASA 5585-X適応型セキュリティアプライアンス」を対応機器に追加したもの。同アプライアンスでは、10GbpsによるIPSデータ転送に対応している。

同サービスでは、さらに同社が独自開発したシグネチャ「JSIG」を適用することで、日本固有の攻撃に対する検知率を向上させることが可能。国内企業からの需要に対応する。

(Security NEXT - 2011/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化