Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、MSSにシスコの高トラフィックアプライアンスを追加

ラックは、同社セキュリティ監視センター「JSOC」にて提供しているマネージドセキュリティサービス(MSS)の対応機器を拡張した。

同サービスにおいて、高トラフィックに対応するシスコシステムズの「Cisco ASA 5585-X適応型セキュリティアプライアンス」を対応機器に追加したもの。同アプライアンスでは、10GbpsによるIPSデータ転送に対応している。

同サービスでは、さらに同社が独自開発したシグネチャ「JSIG」を適用することで、日本固有の攻撃に対する検知率を向上させることが可能。国内企業からの需要に対応する。

(Security NEXT - 2011/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加