Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、HTTPS通信に対応したクラウド型フィルタリングサービス

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、クラウド型ウェブフィルタリングサービスの最新版「InterSafe CATS Ver.3.0」を、9月6日より提供開始する。

110824as_01.jpg
サービスイメージ(図:ALSI)

同サービスは、有害サイトへのアクセスをブロックするウェブフィルタリングサービス。クラウドサービスのためサーバが不要で、社外の持ち出しPCなど含め、ウェブ上から一元管理できる。

最新版では、HTTPSを利用するウェブサイトのフィルタリングやアクセスログの取得に対応。このほか、社外で利用した際のアクセスログがダウンロード可能になった。料金は、5から24ユーザー利用の場合で1ユーザーあたり4935円/年。

(Security NEXT - 2011/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス