Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レコード会社ら31社、YouTube動画ダウンロード支援サイトを提訴

レコード会社30社および音楽出版社1社は、YouTubeで配信されている動画のダウンロードできるオンラインサービスを提供していた運営会社のミュージックゲートに対し、サービスの停止や損害賠償を求め、東京地方裁判所に提訴したと発表した。

ミュージックゲートが提供していた「TUBEFIRE」は、「YouTube」にアップロードされている動画を、ユーザーがファイルとしてダウンロードできるようにするサービス。

日本レコード協会では、サービス提供時に動画や楽曲などのファイルを無断で複製し、送信可能な状態にしていたとして、著作権の複製権、および公衆送信権を侵害したと主張。

また同社のサーバ上に動画や音源など約1万ファイル保存されていることを各レコード会社は確認したとしており、約2億3000万円の賠償額を算出したという。

ミュージックゲートや同社サービス「TUBEFIRE」のウェブサイトは、8月24日の時点でウェブサイトへアクセスできない状態となっている。

(Security NEXT - 2011/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
国内コンテンツを販売した香港在住の男性が逮捕 - 監視システムで初検挙
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
発売前の少年ジャンプをアップロードして御用