Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さくらインターネットに対するDoS攻撃が発生

さくらインターネットに対して、21日にDoS攻撃があり、一時ネットワーク障害が発生した。

同社によれば、8月21日9時25分より一部ドメインに対してDoS攻撃が発生したもので、輻輳状態が発生したという。

同社では、攻撃元のIPアドレスからのアクセスを除外するなど対応を実施。同日9時44分に正常な状態へ復旧した。

(Security NEXT - 2011/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
4月はDDoS攻撃568件を検出、5時間以上に及ぶケースも - IIJまとめ
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
「Spring Data Commons」に深刻な脆弱性 - REST処理などでコード実行のおそれ