Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、将来的に1Tbpsをサポートする「Check Point 61000」を発表

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、データセンターや通信事業者向けセキュリティゲートウェイ2製品を発表した。

110823cp_01.jpg
Check Point 61000

「Check Point 61000」は、セキュリティゲートウェイモジュール(SGM)を最大12台まで増設できるアプライアンス製品。

ファイアウォールで最大200Gbps、IPSで85Gbpsのスループットを実現。同時接続数7000万、毎秒あたりのセッション数60万をサポートした。将来的にはファイアウォールにおいて1Tbps超のスループットを実現するという。

ホットスワップ対応の冗長電源にくわえ、同一マシン内のモジュール間でハイアベイラビリティモードやロードシェアリングモードで動作する「ClusterXL技術」を搭載している。

また「SyncXL技術」によるコンポーネント間の同期に対応。必要に応じて「ファイアウォール」「VPN」「IPS」「URLフィルタリング」「ウイルス対策」など「Software Blade」のモジュールを追加できる。

110823cp_02.jpg
Check Point 21400

一方「Check Point 21400」は、「Software Blade」に最適化したセキュリティゲートウェイ。

ファイアウォールにおいて最大100Gbps、IPSにおいて21Gbpsのスループットを実現している。2012年に帯域幅を100Gbpsまで拡張できるオプションの提供を予定している。

1000BASE-T以下のEthernetなら最大37、10GBpsならで最大12までポートを搭載できるなど、高いポート密度を実現した。

「ファイアウォール」「ウイルス対策」「IPS」「Application Control」「Mobile Access」「DLP」など12種類の「Software Blade」が同梱されるほか、用途に応じてモジュールにより機能を追加できる。

価格は、「Check Point 21400」は1932万円。「Check Point 61000」は非公表。

(Security NEXT - 2011/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業