Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

知人からのSNSメッセージ、約半数がリンクに無警戒 - トレンド調査

親しい友人や知人からソーシャルネットワークサービス経由で届いたメッセージに含まれるURLを、特に気にせずリンクをクリックしてしまうユーザーが半数近くに上ることがわかった。

110822tm_01.jpg
リアルの友人であるほど警戒が薄れる傾向に(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロが、6月28日から6月30日にかけて12歳以上の国内インターネットユーザー618人を対象に、「Twitter」「mixi」「Facebook」などSNSのメッセージサービス内に含まれるURLをクリックする際の意識について、ウェブ上でアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。

直接面識がある知人や友人のメッセージであれば、メッセージ内のリンクを特に気にせずクリックするかとの問いに「同意する」と回答したユーザーは46.7%。さらに「やや同意する(31.7%)」をあわせると78.4%に上っている。

ネットワーク上で知り合った友人や知人のメッセージについて、特に気にせずクリックすることに「同意する」としたユーザーは16%と大きく減少する。「やや同意する」としたユーザーをあわせても47.1%と半数を下回った。

一方33.8%のユーザーは、SNSにより受信したメッセージ内のURLについて、誰であっても警戒してクリックしないことに「同意する」するユーザーは10.5%、「やや同意する」とするユーザーが23.3%で約3分の1にのぼった。

調査を行ったトレンドマイクロは、SNS内のメッセージを利用して、不正サイトへ誘導する手口があると指摘。不審なメッセージであれば即座にクリックしないで周辺へ相談するなど慎重な対応が必要と注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
【特別企画】デジタルネイティブの新社会人、企業はいかに向きあうべきか
セキュリティ情報の共有に特化したソーシャルネットワーク基盤 - 日立システムズ
米国でも災害便乗のサイバー攻撃に警戒強まる - 日本やエクアドルでの地震発生受けて
iOSのSafariでアドレスバーをタップするとクラッシュ - 国内外で多数報告
「pixiv」関連サービスで個人情報漏洩 - キャッシュ設定ミスで
偽Facebookが発生、アカウント情報奪われないよう注意を
ALSI、夏休みの期間限定でフィルタリングソフトを無償提供
LINE、アカウント乗っ取り被害防ぐ新作戦 - PW変更で「スタンプ」をプレゼント
mixiで26万件超の不正ログインが発生 - 試行回数は430万回以上、今なお攻撃が継続