Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝ITサービス、診断ツール「セキュドック」最新版を発売 - 政府ガイドラインによる監査にも対応

東芝ITサービスは、サーバやクライアントPCのセキュリティ状態を診断できる「セキュドック<スタンダード>Ver.7.0.0」「同<センター>Ver.3.0.0」を8月23日より販売開始する。

同製品は、「セキュリティパッチ適用状態」「パスワード設定」「ネットワーク設定」「ログ記録設定」など、サーバやエンドポイントがセキュリティポリシーに準拠しているか診断できるツール。

「セキュドック<スタンダード>」は、ソフトのインストールなど行わずに診断することが可能。「同<センター>」では、さらに大規模なシステムにおいてシステム管理者が一元的に実施することができる。

最新版では、診断項目を追加し、政府機関が公表しているガイドラインをもとに、技術面の監査を自動的に行うことが可能。

「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」をはじめ、総務省の「地方公共団体における情報セキュリティポリシーガイドライン」、経済産業省の「情報セキュリティ管理基準」の3ガイドラインに対応した。

セキュリティ状態の変化について時系列でレポートを作成することが可能となったほか、「差分レポート」や「ガイドラインレポート」などを追加した。

今回よりあらたにクライアントライセンスを用意。同社では今後もラインナップの強化を進め、今後3年間で10億円の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2011/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
ネットワーク上の感染端末を検知するツール - セキュアブレイン
JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく
DNP、アプリの公開時から公開後までセキュリティ機能を高めるサービス
KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加