Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

先端技術研究所、セキュリティ管理製品「Tufin Security Suite 6.0」を発売

先端技術研究所は、イスラエルのTufin Software Technologies製セキュリティ製品「Tufin Security Suite 6.0」を発売した。

同製品は、ファイアウォール運用管理「SecureTrack 6.0」とセキュリティ変更自動化「SecureChange 6.0」のスイート製品。

最新版では可用性を強化しており、アクティブサーバがスタンドバイサーバへ自動的にデータベースのアップデートを送信することが可能。障害発生時のフェイルオーバを実現している。

同スイートに含まれる「SecureTrack 6.0」は、ファイアウォールの性能やセキュリティポリシーの最適化、設定変更の追跡など運用管理を支援するソリューション。

「シスコシステムズ」「ジュニパーネットワークス」「フォーティネット」「パルアルトネットワークス」など各社ファイアウォールにおけるポリシー分析、リスク分析、コンプライアンスレポートが可能。デバイスの構成が共通のベースラインに準拠しているか監査できる。

一方「SecureChange 6.0」は、セキュリティ変更管理、ファイアウォール、関連ネットワークセキュリティ インフラのリスク分析や、設定ワークフローの自動化、変更後の自動検証が行えるソリューション。最新版では、ユーザーの要求内容に応じてワークフローをスキップするなど柔軟な設定が可能となった。

(Security NEXT - 2011/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入