Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書き損じ通帳や証書を紛失、誤廃棄の可能性 - 東北労金

東北労働金庫は、新庄支店において、書き損じた預金通帳および定期預金証書の綴りを紛失していたことを明らかにした。

所在が不明となっているのは、2009年度分の誤って作成された預金通帳や定期預金証書の綴り1冊。預金証書14件、預金通帳5件、預金契約の証書1件が含まれる。

同金庫の内部監査で判明したもので、誤廃棄した可能性が高いという。紛失した通帳や証書には、磁気テープの破断処理や金額欄の消去などが施されているため、預金が引き出されるおそれはないとしている。

(Security NEXT - 2011/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる