Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員への利用促進が容易になった「MyJVN バージョンチェッカ」 - サーバにも対応

情報処理推進機構(IPA)は、インストールされているソフトウェアが最新版であるか確認できるツール「MyJVN バージョンチェッカ」の機能を強化した。

従来より、クライアントPCで利用される主要ソフトウェアに対応してきたが、今回の機能強化によりサーバ版を用意し、「Windows Server 2003」「Windows Server 2008」「CentOS」「Redhat Linux」に対応した。

ウェブサーバの「Apache」やDNSサーバの「BIND」をはじめ、「OpenSSL」「Apache Tomcat」をサポート。クライアント版についても64bit版の「Windows 7」をサポートしたほか、「Adobe Shockwave Player」がチェック対象に追加されている。

またPCやサーバのセキュリティ設定状態をチェックする「MyJVNセキュリティ設定チェッカ」の機能を統合した。

さらにあらかじめチェック対象を設定し、専用URLを生成しておくことで、ワンクリックでツールを利用できる機能を追加。管理者が従業員に対してツールの利用を促すことが容易になっている。

(Security NEXT - 2011/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MyJVN バージョンチェッカ」が「Chrome」や「iTunes」などに対応
ASKA容疑者のドラレコ映像報道でタクシー会社が謝罪
中国銀のネットバンクアプリ、iPhoneの指紋認証に対応
セキュリティ機関、「Flash Player」のアップデートを呼びかけ
dit、漏洩リスクがあるファイルを洗い出す無償ソフト
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - サポートサービス強化も
サポート終了間近「Java SE 7」、依然4割が利用
4月末に「Java SE 7」がEOL - 半数近くがVU未実施
FFRI、コンシューマー製品市場に参入 - スマホ向け診断ソフトを提供
トレンド、コンシューマー向け4製品を一挙投入 - SNS対応を強化、パスワード管理ソフトはMac対応