Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染サイトへの誘導は39.2%が検索エンジンから - ブルーコート調査

不正サイトへ誘導し、マルウェアへ感染させる「ドライブバイダウンロード攻撃」において、検索エンジンが悪用されるケースが約4割に上ることが、ブルーコートシステムズの調査により判明した。

110817bc_02.jpg
Chris Larsen氏

同社が、1週間あたり30億件の評価を行っているクラウド技術「WebPulse」において、正規サイトより不正サイトに誘導し、マルウェアへ感染させる「マルウェア配信ネットワーク」の状況を調べたもの。

2011年上半期において、不正サイトへ誘導されるきっかけとなるサイトは、「検索エンジン」が39.2%を占めており、SEOポイズニングが活発だった。2位以下に続く「ウェブメール(6.9%)」「アダルトサイト(6.7%)」などを大きく上回っている。

同社が「Shnakule」と名付けた最大規模のマルウェア配信ネットワークでは、1日あたり2000件のホストが稼働し、ピーク時に1日あたり4300件まで上昇した。

110817bc_01.jpg
「Shnakule」の関係図。赤がマルウェア感染サイト。黄がリンクサイト、緑が正規サイトなど。正規サイトが入り口となり、リンクサイトを通じて危険なサイトへ誘導している

同社でシニアマルウェアリサーチャーを務めるChris Larsen氏によれば、攻撃が多くしかけられる「検索サイト」のなかでも「イメージ検索」の危険性が増しているという。数年前はテキストサーチ中心の攻撃だったが、2011年に入り傾向が変化したと同氏は指摘している。

また同氏は、「攻撃者は、利用者が多いプラットフォームを狙う傾向があり、ユーザー数が増加しているMacユーザーも攻撃対象となりつつある」として注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者