Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国産セキュリティ対策ソフト「FFR yarai」の新版が登場 - 脆弱性攻撃への防御を強化

フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は、セキュリティ対策ソフトの新版「FFR yarai2.0」と管理コンソールの新版「FFR Enterprise Management Console2.0」をリリースした。

110812ff_01.jpg
感度設定に対応した「FFR yarai2.0」

同製品は、4種類のヒューリスティックエンジンを搭載し、パターンファイルに依存せず、未知のウイルスにも対応する国産セキュリティ対策ソフト。

最新版では、一部設計脆弱性防御機能を追加。「.NET user control」を利用した脆弱性攻撃に対応したほか、「PDFファイル」による脆弱性攻撃の検出機能を強化している。

さらに検出エンジンの詳細設定機能を用意しており、検出感度を調整可能。搭載する4種類の検出エンジンすべてのオンオフが選択できるようになった。

110812ff_02.jpg
「FFR Enterprise Management Console2.0」

またスケジュールスキャンやリアルタイムスキャン、クイックスキャンをより柔軟に利用できるよう改善。例外リストは、ファイル単位だけでなく、フォルダによる登録が可能となっている。

集中管理ツール「FFR Enterprise Management Console2.0」では、「FFR yarai」と「FFR yarai脆弱性防御機能」の一元管理に対応。NAT環境で利用可能となり、オフライン環境でもライセンスアクティベーションが行えるようにするなど機能を強化した。

「FFR yarai2.0」は、5台から導入することが可能。5台から99台まで導入した場合、ライセンス価格は9000円/台。2年目以降同額のアップデート料が必要。

(Security NEXT - 2011/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース