Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、セキュリティ更新プログラム13件を公開

「MS11-064」では、TCP/IPスタックの脆弱性2件に対応している。「ICMP」の処理に脆弱性が含まれるが、短いパケットで攻撃できるものではなく、悪用は難しいという。

「Office」に関連の修正としては、直接「Excel」向けのプログラムではないが、Excelファイルを開いた際に不正なライブラリファイルが読み込まれる「Data Access Components」の不具合を「MS11-059」にて解消した。

また「Microsoft Visio」において細工されたファイルを開いた際、リモートでコードが実行される脆弱性に対応した「MS11-060」を提供している。

残り2件のプログラムの深刻度は「警告」。サービス拒否が発生する「Windowsカーネルの脆弱性」や、情報漏洩が生じる「.NET Framework」の脆弱性に対処した。

(Security NEXT - 2011/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
Google、「Chrome 80.0.3987」で複数脆弱性に対処
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性