Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、セキュリティ更新プログラム13件を公開

もう一方の「緊急」プログラムは「MS11-057」。「Windows DNSサーバ」の脆弱性2件に対応した。

あらかじめドメインにNAPTRレコードを作成し、攻撃対象のサーバへNAPTRクエリを送信し、再帰的に要求した場合にコードが実行される可能性がある。DNSが有効化されていなければ影響を受けない。

「緊急」の次に深刻とされる「重要」に設定されているセキュリティ更新プログラムは9件。

「MS11-065」にて修正を行ったリモートデスクトッププロトコルの脆弱性「CVE-2011-1968」は、すでに標的型攻撃が一部で確認されており、悪用された場合、サービス拒否が発生するという。

(Security NEXT - 2011/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供