Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けライセンスでMac版「ESET NOD32アンチウイルス」が利用可能に

キヤノンITソリューションズは、ESET製品の法人向けライセンスユーザーに、Mac版「ESET NOD32アンチウイルス」の提供を12月1日より開始する。

Mac版「ESET NOD32アンチウイルス」
Mac版「ESET NOD32アンチウイルス」

セキュリティ対策ソフト「ESET Smart Security」「ESET NOD32アンチウイルス」の企業、教育機関、官公庁向けライセンスユーザーへ、「Mac OS X」に対応した「ESET NOD32アンチウイルス」を提供するもの。

Mac専用のライセンスは設けておらず、ユーザーは購入したライセンスの範囲内で、Windows版とMac版を自由に組み合わせて利用できる。ただし「ESET Smart Security」のMac版は用意されていない。

また同梱されるクライアント管理ツール「ESET Remote Administrator」により,Windows端末上からプラットフォーム関係なく一元管理することができる。

(Security NEXT - 2011/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル