Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

商品発送伝票の紛失が未発着で判明 - 全国農協食品

全国農協食品は、顧客情報を記載した「商品発送伝票」の紛失が2件発生したと発表した。

同社によれば、6月29日に伝票枚数と商品のケース数があわないことから、顧客情報35件を含む発送伝票32枚の紛失に気がついたという。

また7月3日に、到着予定の商品が未着であるとの指摘を顧客から受け、未発送の商品が67件あることが判明。同数の顧客情報を含む商品発送伝票の所在が不明となっている。

いずれも顧客の氏名や住所、電話番号が記載されているが、同社では作業中の手違いで廃棄した可能性が高いとしている。今後は、伝票の取り扱いや受け渡しの管理を強化するほか、作業上の環境改善など、再発防止策に取り組む。

(Security NEXT - 2011/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
顧客情報含む伝票を箱ごと紛失、誤廃棄の可能性 - 南日本銀
廃棄伝票が運搬中に落下、一部未回収の可能性 - パロマ
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
顧客情報含む伝票綴りが所在不明 - コザ信金
印影など顧客情報含む伝票綴りを紛失 - 旭川信金
委託先で車両盗難、個人情報や水道メーターが被害に - 川口市
「古物取引承諾書」を保管期限前に誤廃棄 - ブックオフ
委託先が個人情報含む伝票を紛失 - 横浜市水道局
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌