Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

かんぽ生保の顧客情報を紛失 - 広島県の郵便局

広島県安芸郡の海田郵便局において、かんぽ生命保険の顧客情報2785件が記録された保険端末機ジャーナルを紛失していたことが判明した。

郵便局によれば、紛失が判明したのは、2011年6月1日から30日までの保険端末機の操作履歴が印字されたジャーナル339枚。かんぽ生命保険の顧客2785人の氏名、住所、生年月日、保険証券番号、保険金額などが記載されていた。

7月28日に紛失が判明したもので、関連した外部からの問い合わせなども寄せられておらず、同社では内部調査の結果から外部に流出した可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2011/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金
委託先が顧客情報含むATMジャーナル紙を紛失 - 南日本銀
22店舗でのべ1万8000件の顧客情報紛失が判明 - 東邦銀
約14万件のATM取引情報を記録したジャーナルを紛失 - 東邦銀行
7万3000件の取引情報含むATMジャーナルを紛失 - 四国銀行
各国の大学を狙った不正アクセス、国内大学が被害を公表
4支店で顧客情報含む帳票の紛失が判明 - 豊和銀行
顧客情報2万2000件含むATMジャーナルが所在不明に - 横浜銀
顧客情報1481件含むATMジャーナルが所在不明 - 北央信組