Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月の修正パッチ適用は長時間に及ぶ可能性あり - MS注意喚起

日本マイクロソフトのセキュリティチームは、8月10日に公開が予定されている月例セキュリティ更新プログラム適用にあたり、通常よりインストールに時間がかかる場合があるとして注意を呼びかけている。

同社によれば、今回の月例パッチに含まれる「.NET Framework」の更新プログラムは、コンパイルを実施しながらインストールをするため、他プログラムと比較して時間がかかるという。

適用する更新パッチの件数が多い場合さらに時間がかかるため、低スペックPCの場合、通常10分以内で終了するところ、数十分から数時間におよぶ場合もあるとしている。

インストールしている途中やインストールに伴う再起動時など、完了前に無理に電源を落とした場合、システムのファイルが破損し、以降インストールが失敗するようになるなど不具合が生じる可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
MS、3月の月例パッチを公開 - 74件の脆弱性を解消
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を
MS、CPU脆弱性緩和策で定例外パッチ - セキュリティ対策ソフトとの互換性問題も