Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内ネットバンクで不正アクセス多発 - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、6月下旬以降、国内のインターネットバンキングに対する不正アクセスが発生しているとして、注意を呼びかけている。

110804ip_01.jpg
セキュリティ対策を呼びかけるIPA

不審メールやスパイウェアにより顧客情報を窃取する攻撃が発生していることから、インターネットバンキングのサービス提供者や利用者へ広く注意を呼びかけたもの。

すでに一部では振込被害が発生しており、地方銀行を中心に20以上の金融機関が注意喚起を実施するなど、警戒を強めている。

同機構では、インターネット利用者に対し、「セキュリティパッチの適用」「最新ソフトの利用」「不審なサイトやメールへアクセスしない」「パスワードの漏洩防止」など基本的な対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
2017年2Qのネット銀不正送金、被害額ベースで法人個人ともに増加