Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内ネットバンクで不正アクセス多発 - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、6月下旬以降、国内のインターネットバンキングに対する不正アクセスが発生しているとして、注意を呼びかけている。

110804ip_01.jpg
セキュリティ対策を呼びかけるIPA

不審メールやスパイウェアにより顧客情報を窃取する攻撃が発生していることから、インターネットバンキングのサービス提供者や利用者へ広く注意を呼びかけたもの。

すでに一部では振込被害が発生しており、地方銀行を中心に20以上の金融機関が注意喚起を実施するなど、警戒を強めている。

同機構では、インターネット利用者に対し、「セキュリティパッチの適用」「最新ソフトの利用」「不審なサイトやメールへアクセスしない」「パスワードの漏洩防止」など基本的な対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減