Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド導入の課題は「データとインフラのセキュリティ」が6割 - トレンド調査

トレンドマイクロは、クラウドセキュリティに関する調査を実施し、その結果を取りまとめた。国内では導入障壁を「セキュリティ」とする回答が6割に上ったという。

同調査は、日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、インドの企業や団体に勤めるITシステム導入の意思決定権限を持つ従業員各200人、合計1200人を対象に、今年5月に実施したもの。

クラウドの導入状況について見ると、国内では21%、海外では37.3%と差が出た。国内では13.5%が試験導入中、42%が検討中と回答したことから、同社では今後導入が進むと予測している。

一方、クラウド導入の際のリスクや障壁について質問したところ、国内では「データ・インフラのセキュリティ」との回答が60%で最も多く、次いで「費用対効果または投資収益率が不明確」が43.5%、「クラウドの性能、有効性、使用可能時間」が43%だった。

海外ではセキュリティを挙げたのは48.5%で割合は高かったが、サービスの性能や有効性を課題とする回答が48.8%でもっとも多かった。

採用する上で「法規制の遵守」を障壁とする回答は、国内で19.5%だった一方、海外では28.1%で国内を上回っている。

国内のクラウド利用者のうち、過去1年以内にセキュリティ上の不備や問題を経験したと回答したのは44%。ITネットワークのセキュリティ侵害を経験したと回答したのは24%だった。

(Security NEXT - 2011/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
週明け始業前までに国内で「WannaCrypt」1万3645件を検出 - トレンドまとめ
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み
7割以上がパブリッククラウドを信頼、63%が顧客情報を保存
クラウドセキュリティ市場、引き続き20%強の高成長を維持 - IDC予測
Android狙うランサムが活発 - 過去最高の検出数を記録
2015年の外部脅威対策製品市場は1778億円 - 前年比5.8%増
2016年上半期のランサムウェア感染、前年同期比7倍 - 法人の被害増加目立つ
7割の企業が「戦略的IT投資」推進で専任組織を設置