Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術、Firefoxの脆弱性に関する検証レポートを公開

NTTデータ先端技術セキュリティ事業部(旧NTTデータ・セキュリティ)は、5月に判明した「Firefox」のメモリ破壊に関する脆弱性「CVE-2011-0073」の検証レポートを公開した。

検証イメージ
NTTデータ先端技術が実施した検証

同脆弱性は、「Firefox」において削除されたオブジェクトを誤って処理する不具合。細工されたウェブページを閲覧するとメモリ破壊が発生し、リモートでコードを実行される可能性がある。同社が実施した検証においてもシステムの制御の奪取に成功したという。

影響を受けるのは、「Firefox 3.6.17」や「Firefox 3.5.19」「SeaMonkey 2.0.14」の以前のバージョン。

(Security NEXT - 2011/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測