Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全店点検で顧客情報含むCD-ROM1枚の紛失が判明 - 東京海上日動

東京海上日動火災保険は、顧客情報が記録されたCD-ROM1枚の紛失を明らかにした。CD-ROMのデータは暗号化されているという。

所在不明になっているのは、2005年4月に作成された「統計表CD-ROM」1枚。顧客情報1472件が記録されていた。顧客の氏名、住所、電話番号、保険種類、証券番号、保険料、満期日、満期返戻金などの情報が含まれる。

同社では外部媒体によるデータ保管の全廃を進めており、CD-ROM保管状況の全店点検を行ったところ、名古屋の営業所が保管していた1枚の紛失が判明した。媒体は暗号化されており、不正利用なども確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2011/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市