Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むPCが解雇された元従業員とともに所在不明 - ジブラルタ生命

ジブラルタ生命保険は、顧客情報72件含む元従業員が使用していたノートパソコンが、所在不明になっていることを明らかにした。

所在がわからなくなっているのは、今年4月末に解雇された福岡エリアの元従業員が業務用として利用していたパソコン。退職後も回収されず、元従業員とともに行方不明となっている。

同社が調査した結果、PC内部には顧客72人の氏名、性別、生年月日を含む保険設計書データが保存されている可能性があるという。現時点で不正利用なども確認されていない

同PCは暗号化されており、またセキュリティ措置によりすでに起動しない状態となっており、顧客情報が流出する可能性は低いと同社では説明している。

(Security NEXT - 2011/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員室保管の個人情報入りPCが所在不明 - 埼玉県立高
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
PCから顧客情報流出の可能性 - 分析装置製造会社
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
個人情報含むPCを都内で紛失 - 講談社
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大