Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidを狙ったマルウェアが活発 - 1カ月で24件が発生

Androidを狙ったマルウェアが増加している。6月の1カ月に24件が確認されており、脆弱性を悪用してroot権限を奪う悪質なマルウェアも登場している。

マカフィーによれば、モバイルデバイスを狙ったマルウェアは1カ月間に47件が確認され、前月の35件から大きく増加。Androidを対象としたマルウェアが24件と半数以上を占め、マカフィーによれば過去最高だったという。

24件のうち新種は3件で、21件は亜種だった。OSの脆弱性を攻撃してroot権限を奪い、端末情報を外部へ送信したり、不正プログラムをインストールする「Android/DroidKungFu」が確認されている。

Android/DroidKungFu
Android/DroidKungFuの画面

すでに同様の攻撃を行う「Android/DrdDream」が確認されているが、実行ファイルが暗号化されているなど、セキュリティ対策ソフトの検知を逃れるよう巧妙化していた。

残りのマルウェアは、「Java 2 Micro Edition」を対象とするものが14件、Symbian OS 8以前のプラットフォームを対象とするものが5件、Symbian OS 9以降のプラットフォームを対象とするマルウェアが4件確認された。

(Security NEXT - 2011/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍