Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩関連の事件事故が前年比140件増 - 想定賠償額は1216億円

2010年に事件や事故によって流出した個人情報は557万9316人分となり、想定される賠償額が1215億7600万円にのぼることが、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査により判明した。

同協会が、2010年に新聞やインターネットメディアで報じられた個人情報漏洩関連事件や事故について調査し、報告書を取りまとめたもの。

同調査によれば、個人情報関連のインシデントは1679件で、前回2009年調査の1539件を140件上回った。事故の内容は管理ミスや誤操作がそれぞれ609件、543件と多くを占めている。次に多い紛失や置き忘れの211件をあわせると、全体の81.2%にのぼる。

一方漏洩した人数については、前回から14万2182人減少。さらに1人あたりの平均賠償額が低下したことから、想定賠償額の総額が、前回の3890億4289万円を大きく下回る1215億7600万円となった。

流出規模を見ると、100万件以上の漏洩が発生したケースは、オンラインゲームサイトが不正アクセスを受け、173万5841件が流出した事件のみ。次いでマーケティングサービスの顧客情報を不正に名簿業者へ売却した事件が46万3360件で続いた。

流出規模が大きい上位10件中、不正アクセスが3件ともっとも多かった。内部犯罪、不正な持ち出しによる大規模インシデントなど不正行為も入っている。一方管理や設定のミスなど、過失による事故は3件にとどまった。

(Security NEXT - 2011/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
セキュリティ市場、2020年までは堅調 - 反動から2021年に軟化