Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLab、クレジットカード番号検出ツールを限定で無料配布

KLabは、クレジットカード番号を含むファイルを検出するツールの無料配布を開始した。配布は8月末まで実施する予定。

同ツールは、PCやサーバ内に保存された個人情報を検出する「P-Pointer」の一部機能を提供するもの。PC内に保存されているクレジットカード番号を含むファイルを、1クリックで検出できる。

ランダムな数値からクレジットカード番号を識別する「Luhnアルゴリズム」の採用により、高い検出精度を実現したという。同ツールは、同社サイトから無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2011/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
NTTデータ先技、カード決済のP2PE分野でセキュリティ評価機関に
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ESETの「月額サービス」がスタート
VプリカへのBitcoin交換サービス - 対応取引所を拡大
日本IBM、クレカ会社とFinTechの連携を支援するAPI
ALSI、ウェブフィルタリングソフトに新版 - FireEyeと連携