Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カードローン契約者の顧客情報含む書類を紛失 - 京都信金

京都信用金庫は、本店含む66店舗で、あわせて1万1205件の顧客情報含む帳票を紛失したと発表した。従業員が誤って廃棄した可能性が高いとしている。

紛失が判明したのは、2001年4月から2010年8月までのカードローン自動継続予定リスト、およびカードローン自動継続センター処理結果リスト。すでにローンを解約した顧客を含む1万1205件の氏名、生年月日、カードローン口座番号、限度額などが含まれる。

3月8日に円町支店において同帳票の紛失が判明したのを受け、全店調査を実施。同支店を含め66店舗で紛失の事実があることがわかった。文書保存期間は10年間と定められているが、電子データがあるため保存は必要ないと判断した担当者が、誤って廃棄した可能性が高いという。

今回の紛失にともなう不審な問い合わせなどは確認されていない。同金庫では、対象となる顧客に個別に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2011/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構