Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

圧縮解凍ソフト「ALZip」にバッファオーバーフローの脆弱性 - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターは、圧縮解凍ソフト「ALZip」に脆弱性が見つかったとして、利用者に注意喚起を行った。

ESTsoft Japanが提供する圧縮解凍ソフト「ALZip」におけるmim形式ファイルの取扱いに問題があり、バッファオーバーフローが発生する可能性があるもの。細工されたファイルを「ALZip」を利用して開くと、任意のコードを実行されるおそれがある。

影響を受けるのは、6月21日12時より前にダウンロードされたv8.21およびそれ以前のバージョン。バージョンの変更はないため、自動アップデートは行われないという。

同機構では、共通脆弱性評価システム「CVSS」による深刻度をレベルIIの「警告」とし、ソフトの開発者が提供している修正済みバージョンを早急にインストールするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ