Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、「IPv6」と「DNSSEC」に対応したDHCP/DNSアプライアンス

ソリトンシステムズは、DHCP、DNSアプライアンスの最新版「NetAttest D3 v3.0」を発売した。

110629so.jpg
小規模向けの「D3-SX」

同製品は、DHCP、DNS機能に特化したアプライアンス製品。多重化、分散配置構成に対応。ウェブベースの管理画面が用意されており、バックアップ機能なども標準で搭載している。

最新版では、「IPv6」や「DNSSEC」に対応した。また「Windows Server」を必要としない「DHCP NAP検疫サーバ」の機能を実装したという。

価格は、小規模向けモデルの「D3-SX」が47万2500円。大規模まで対応する「D3-ST51A」は、207万9000円。

(Security NEXT - 2011/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
「BIND 9」に複数の深刻な「脆弱性」 - 異常終了するおそれ
「BIND 9」に複数の深刻な脆弱性 - キャッシュDNSサーバに影響
APNICの逆引きネームサーバで一時障害 - すでに復旧
JPNIC、11月9日より逆引きDNSへDNSSECを導入
BINDのアップデートが公開 - DDoS対策のオプションも
BIND 9に深刻な複数脆弱性 - DoS攻撃を受ける可能性
BINDに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - DNSSEC検証で影響受ける可能性
「お名前.com」のDNS管理サービスが「DNSSEC」に対応