Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Javaの脆弱性を解消するアップデートを公開

Appleは、Mac OS X向けにJavaの脆弱性を解消するアップデートの提供を開始した。

110629ap1.jpg
Javaにおける11件の脆弱性に対応した

「Java 1.6.0_24」および「Java 1.5.0_28」で明らかになったあわせて11件の脆弱性に対応したもの。脆弱性が悪用された場合、悪意あるウェブサイトなどへ訪れた際に、信頼されていないJavaアプレットをサンドボックス外で実行されるおそれがある。

今回のアップデートについて、Appleでは、Mac OS X 10.6.6以降のバージョン向けである「Java for Mac OS X 10.6 Update 5」とMac OS X 10.5.8向けの「Java for Mac OS X 10.5 Update 10」を用意。同社ウェブサイトやソフトウェア・アップデートより入手することができる。

(Security NEXT - 2011/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
Office for Mac向けに定例外パッチをリリース - MS
OpenSSLの複数署名アルゴリズムに脆弱性 - 次期更新で修正予定
「macOS Mojave 10.14.1」やセキュリティアップデートがリリース - 「Safari 12.0.1」も
Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正
電子カルテシステムに権限昇格や情報漏洩などの脆弱性 - 修正版が公開