Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウィンブルドンのチケット2枚当選と騙すフィッシングが発生

メッセージラボジャパンは、クルム伊達公子選手の活躍なども伝えられているテニス4大大会「ウィンブルドン選手権」のフィッシングメールを確認したとして、注意を呼びかけている。

110629sy1.jpg
問題のフィッシングメール(提供:メッセージラボ)

問題のメールは、同大会のチケット2枚が当選したなどと騙す手口。オンラインバンキングの口座番号などを入力すると無料で入手できるなどと記載されており、メールには、一見著名な銀行に見せかけたリンクが記載されている。

しかし、実際にクリックするとロシア国内に設置されたフィッシングサイトへ誘導され、オンラインバンキングの口座情報を入力するよう求められる。さらに入力を終えると銀行の正規サイトへリダイレクトするしくみだった。

メッセージラボでは、今回のメールについて英語の文法がおかしいなど、フィッシングと気がつきやすいケースと指摘。しかしながら誤って口座情報を入力した場合、金銭的な被害に遭う可能性があるとして、注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2011/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に