Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事例や最新情報を紹介するセキュリティカンファレンス「Direction 2011」 - スマホやクラウド関連のセッションも

セキュリティカンファレンス「Direction 2011」が7月27日に都内で開催される。入場は無料で、公式サイトにて事前登録を受け付けている。

同イベントは、セキュリティベンダーによって組織された「Direction実行委員会」の主催によるカンファレンス。事業競争力を高める視点からセキュリティサービスの事例や最新情報など紹介する。

午前中の基調講演には、トレンドマイクロ代表取締役社長兼CEOのEva Chen氏や一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏が登壇。さらに情報処理推進機構(IPA)が招いたCloud Security AllianceのJim Reavis氏や、VMwareシニアバイスプレジデントのRaghu Raghuram氏による講演も予定されている。

午後には、26のセッションが用意されており、ガバナンスやデータ保護、スマートフォン、インフラなどセキュリティの観点から講演が行われる。

会場は、東京都港区のザ・プリンス パークタワー東京コンベンションホール。入場は無料だが、ウェブサイトより事前登録が必要。

(Security NEXT - 2011/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
政府、「サイバーセキュリティ月間」関連行事の募集を開始
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
Trend Micro CTF 2017、エジプトチームが優勝
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
3年ぶりのバグハンター合宿で脆弱性36件を発見 - サイボウズ