Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事例や最新情報を紹介するセキュリティカンファレンス「Direction 2011」 - スマホやクラウド関連のセッションも

セキュリティカンファレンス「Direction 2011」が7月27日に都内で開催される。入場は無料で、公式サイトにて事前登録を受け付けている。

同イベントは、セキュリティベンダーによって組織された「Direction実行委員会」の主催によるカンファレンス。事業競争力を高める視点からセキュリティサービスの事例や最新情報など紹介する。

午前中の基調講演には、トレンドマイクロ代表取締役社長兼CEOのEva Chen氏や一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏が登壇。さらに情報処理推進機構(IPA)が招いたCloud Security AllianceのJim Reavis氏や、VMwareシニアバイスプレジデントのRaghu Raghuram氏による講演も予定されている。

午後には、26のセッションが用意されており、ガバナンスやデータ保護、スマートフォン、インフラなどセキュリティの観点から講演が行われる。

会場は、東京都港区のザ・プリンス パークタワー東京コンベンションホール。入場は無料だが、ウェブサイトより事前登録が必要。

(Security NEXT - 2011/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化