Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シニア向け情報提供サイトで会員情報が一時閲覧可能に - 一部カード情報も

シニア向けに雇用や趣味などの情報を提供する会員制サイト「narp club」において、会員1万3690人の個人情報がネット上から閲覧可能な状態だったことがわかった。

同サイトを運営するベネフィット・ワンによれば、5月17日から6月7日までの間、同サイトの個人会員、およびすでに退会している会員1万3690人の個人情報が、外部から閲覧可能な状態だったという。また毎日コムネットの株主優待制度の利用者情報も一部含まれる。

保存されていた情報は会員によって異なり、約6600人については氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが閲覧可能だった。また1428件については銀行口座番号が、277件についてはクレジットカード情報が含まれ、それ以外の会員についても氏名が記載されていた。

同社によれば、委託先がサーバの入れ替えを行った際、利用したテストサーバにデータが残存。設定ミスがありインターネット経由で個人情報が閲覧可能な状態になったという。データはすでに削除し、現在は閲覧できない状態になっており、不正利用なども確認されていない。

同社では、対象となる会員に個別に連絡するとともに、カード会社と連携して不正利用を監視するなどの対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2011/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ピアノコンクールサイトで申込者の身分証明書など閲覧可能に - 河合楽器
似顔絵コンテスト応募者の個人情報が閲覧可能に - 山口街中