Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルチプラットフォームのバックドアが発生 - Dr.Webが注意喚起

Intel搭載Macで動作するバックドア「BackDoor.Olyx」を発見したとして、Doctor Web Pacificが注意を喚起した。

同マルウェアは、感染すると外部から命令を受けるバックドア。同社によれば、従来Mac上で動作するバックドアは「BackDoor.DarkHole」しか確認されていなかったが、脅威をあらたに観測し、定義ファイルに追加したという。

「Mac」と「Windows」それぞれの環境で動作するバージョンが用意されていたことが特徴で、感染すると、シェル内の様々なコマンドを実行され、外部からファイルの作成や転送、リネーム、削除といった操作が行われるおそれがある。

(Security NEXT - 2011/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も