Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、震災対応を支えるクラウド事例と安全利用の手引きを公開

情報処理推進機構(IPA)は、震災時におけるクラウドサービスの可能性や、クラウドの安全に有効活用に参考となる資料を取りまとめ、提供している。

東日本大震災後にクラウドが有効活用されたことを受け、同機構が、行政情報発信や被災者支援など事例76件をリストとして取りまとめた。被災者個人、行政、NPO、企業など幅広い事例が収集されている。

また4月25日に公開した「中小企業のためのクラウドサービス安全利用の手引き」に、クラウドサービスの参考情報や解説を加筆。震災の復旧や復興に参考となる情報も盛り込んだ「クラウドサービス安全利用のすすめ」をあらたに作成した。

さらにクラウドが今後の復興に有効な手段になる可能性もあるとして、組織内のさまざまな業務におけるクラウドサービスへの移行について具体的なイメージや、参考となる情報を収録した「震災からの復旧・復興における情報システムの再構築にクラウドサービスが活用される可能性について」についても用意した。

(Security NEXT - 2011/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開