Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三和コムテック、「HACKER SAFE」を「McAfee SECURE」へブランド変更 - 「安全証明マーク」として推進

三和コムテックは、2004年から展開している脆弱性自動診断サービス「HACKER SAFE」のブランドを「McAfee SECURE」へ変更した。

同サービスは、外部へ公開しているウェブサイトやルーター、ファイアーウォール、DNSなどのネットワーク機器における脆弱性を診断するサービス。チェックを受けたことを示すシールをウェブサイト上へ表示することができる。

当初、米ScanAlertによるサービスを、三和コムテックが国内向けに提供していたが、2007年にMcAfeeがScanAlertを買収。それにともない海外では「McAfee SECURE」へブランドが変更されたが、国内では引き続き、三和コムテックが「HACKER SAFE」として事業を展開していた。

同社では、今回マカフィーの協力を得てブランドを変更。従来は脆弱性診断サービスの需要が中心だったが、サイトのセキュリティ強度を証明するシールの配信サービスとしてサービスを拡大し、2011年度に2500万回の表示を目指している。

(Security NEXT - 2011/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す