Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック河村氏「SEP 12でSMB企業を元気に」 - 直販せずパートナー経由で拡販

シマンテックは、企業向けエンドポイントセキュリティソリューション「Symantec Endpoint Protection 12」を2011年後半に市場へ投入する。

そのなかで同社が特に重要な市場と位置付けているのが「SMB市場」。同社は、6月21日に大手パートナー2社と協同で記者会見を開催し、今後の市場戦略を説明した。

シマンテック代表取締役社長 河村浩明氏
河村氏

同社代表取締役社長の河村浩明氏は、震災においてSMB企業がグローバルサプライチェーンに大きな影響を与え、大手企業に限らずSMB企業でもBCP対策の重要性が注目されていると指摘。

一方多くのSMB企業では、セキュリティ対策ソフトの変更理由に「コスト削減」を挙げるなど、セキュリティ対策への意識は依然低いことから、同社はパートナーとSMB市場へ啓蒙活動を展開する計画で、同氏は新製品の投入を通じて「日本のSMB企業を元気になるようにしたい」と述べている。

具体的には、エンドポイントのセキュリティを実現する「SEP 12」をはじめ、「バックアップ製品」「クラウドセキュリティ」を3本柱とし、既存のディストリビューションチャンネルを通じてSMB市場へ展開する。

海外では直販を行っているクラウドサービスについても、国内ではオンプレミスとともに、パートナー経由で拡大していく方針だという。パートナーから改善の要望が出ている「テクニカルサポートの利便性」や「エンドユーザー導入時の技術支援」といった課題についても重点的に取り組んでいく。

大塚商会 取締役兼専務執行役員 片倉一幸氏
片倉氏

同社パートナーである大塚商会で、取締役兼専務執行役員を務める片倉一幸氏は、SMB市場において、最適なものを組み合わせた提案が求められていると分析。シマンテックからクラウド、オンプレミスの製品が提供されることについて歓迎するとし、ともに成長したいと意気込みを語った。

リコージャパン 専務執行役 窪田大介氏
窪田氏

一方、リコージャパン専務執行役の窪田大介氏は、震災以降にBCP需要が増加した風向きの変化を指摘。エンドポイント対策は大きな位置付けにあり、「SEP 12」やクラウドサービスなど、「現場で草の根的に日本中の隅々まで届けたい」と述べている。

(Security NEXT - 2011/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
シマンテック、機械学習を活用した「SEP 14」 - パッカー対抗も
シマンテック、自動車のCANにおける異常通信を検知するソフト
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
端末でのコピーや貼り付けも防止するDLP製品 - シマンテック
シマンテック、体制整備も含めてインシデント対応を支援