Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セガ欧州子会社に不正アクセス、約129万人の顧客情報が流出

セガの欧州子会社である英SEGA EUROPEが不正アクセスを受け、顧客情報のべ129万755人分が流出したことがわかった。

不正アクセスを受けたのは、同社が運営する顧客サービス「SEGAPASS」。同サービスの全登録者に相当するのべ129万755人分の顧客情報。氏名、メールアドレス、生年月日、暗号化されたパスワードなどが流出した。クレジットカード情報などの信用情報は含まれないという。

同社が6月17日に確認したもので、同社ではサービスを停止。被害の拡大を防止する対策を実施した上で、流出の原因や経緯など詳細を調べている。また対象となる顧客へメールにて謝罪し、注意喚起を行っている。

同社では今回の不正アクセスを受け、同社が運営する全サービスにおいて不正アクセスによる情報漏洩の有無を検証し、現在のところ発生していないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2011/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セガが「PSO2」を順次再開、課金サービスも - 「DDoS攻撃は小康状態」
DDoS攻撃が断続的に発生中 - ファンタシースターオンライン2
セガの「ファンタシースターオンライン2」にDDoS攻撃 - サービスが停止
【不正アクセス】セガ、関連43サイトを停止 - 個人情報流出は確認されず
「グランドピアニスト」音源サービスに不正アクセス - 会員情報流出の可能性
委託配送業者がクレジットカード売上票など紛失 - セガミ薬局
「ファンタシースターオンライン2」のUDで不具合 - 無関係のデータを削除
ゲームアプリのバグ報告フォームに不具合 - 過去の投稿内容が閲覧可能に - セガ
「ファンタシースターユニバース」のフィッシングサイトが稼働中 - ファンサイト掲示板から誘導
アルバイト応募者の個人情報がネット上で7カ月以上閲覧可能に - セガ