Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、電子証明書のライセンス体系を変更 - マルチデバイス化需要に対応

GMOグローバルサインは、1枚の電子証明書を複数の機器で同時に利用できるよう、電子証明書のライセンス体系を変更した。

今回、ライセンス体系を変更したのは、「コードサイニング証明書」「電子署名(S/MIME)用証明書」「マネージドPKI Lite」「PDF文書署名用証明書 for Adobe CDS」。

従来は複数の機器にインストールする場合、証明書を複数用意する必要があったが、ライセンス体系の変更により、サーバ環境、クライアント環境いずれも、1枚の電子証明書を複数の機器で利用できるようになった。

料金の変更はなく、現在利用中の電子証明書に対する返金などは実施しない。また「PDF文書署名用証明書 for Adobe CDS」は、利用環境によって複数台利用できない場合があるので注意が必要。

(Security NEXT - 2011/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
「EV SSL証明書」の半額キャンペーン - サイバートラスト
NEC、マイナンバーカードの活用を支援するソリューション