Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、電子証明書のライセンス体系を変更 - マルチデバイス化需要に対応

GMOグローバルサインは、1枚の電子証明書を複数の機器で同時に利用できるよう、電子証明書のライセンス体系を変更した。

今回、ライセンス体系を変更したのは、「コードサイニング証明書」「電子署名(S/MIME)用証明書」「マネージドPKI Lite」「PDF文書署名用証明書 for Adobe CDS」。

従来は複数の機器にインストールする場合、証明書を複数用意する必要があったが、ライセンス体系の変更により、サーバ環境、クライアント環境いずれも、1枚の電子証明書を複数の機器で利用できるようになった。

料金の変更はなく、現在利用中の電子証明書に対する返金などは実施しない。また「PDF文書署名用証明書 for Adobe CDS」は、利用環境によって複数台利用できない場合があるので注意が必要。

(Security NEXT - 2011/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE