Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

科学技術振興機構の一部ページが改ざん、閲覧でウイルス感染の可能性

科学技術振興機構(JST)の一部サイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

改ざんが判明したのは、戦略的創造研究推進事業の「炎症の慢性化機構の解明と制御に向けた基盤技術の創出」に関する研究ページ。

改ざんが発生したのは6月3日0時ごろで、閉鎖となった13日13時30分までに同サイトを閲覧した場合、ウイルスへ感染するおそれがあった。同サイトでは個人情報を扱っておらず、情報漏洩については否定している。

同機構によれば、職員が6月10日16時50分にアクセスした際、セキュリティ対策ソフトによって不正プログラムが検知され、自動で削除されたという。その後自動削除のログからサイトの改ざんに気がつき、13日に閉鎖した。

改ざん期間中、293件のアクセスがあったが、被害報告などは寄せられていないという。同機構では、心当たりがある利用者へウイルススキャンなどを実行するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始