Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによる流出被害は約3万7500人分 - Sony Pictures

Sony Pictures Entertainment(SPE)が、ハッカーグループから不正アクセスを受けた問題で、同社は約3万7500人分の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社では、ハッカーグループが犯行を明らかにした6月2日に不正アクセスを把握。専門家に調査を依頼するとともに、データベースを停止。FBIへ相談していた。

その後の調査で、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、性別、生年月日のほか、ウェブサイトのユーザー名やパスワードが盗まれた可能性が判明し、同社は関連する約3万7500人に連絡を取っている。

攻撃を明らかにしたハッカーグループ「LulzSec」は、当初今回の攻撃で100万件を盗んだと主張しており、両者が発表した被害規模に大きな隔たりが出ている。

同社はサービス再開の準備を進めており、再開後はパスワードを変更するよう利用者に呼びかけている。また他サイトでIDやパスワードを共用している場合、なりすまし被害に遭う可能性があるとして変更を推奨するなど、二次被害が発生しないよう利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致