Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XSSの脆弱性を解消した「Flash Player」のアップデートが公開 - ゼロデイ攻撃も発生

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」に重要な脆弱性が見つかったとして、アップデートを公開した。

クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2011-2107」が明らかになったもので、影響を受けるのは、「同10.3.181.16」および以前のバージョン。

「Windows」や「Mac」「Linux」「Solaris」など幅広いプラットフォームが影響があり、Android向けに提供されている「同10.3.185.22」や以前のバージョンについても含まれる。

同社によれば、脆弱性を悪用する悪意あるウェブサイトへアクセスした場合、ウェブやウェブメールに対してユーザー意図しない行為を行わせることが可能となるという。

不正なリンクをクリックさせることを狙ったメールが送信されるなど、脆弱性を悪用する標的型攻撃が発生している。

同社では、PC向けに最新版となる「同10.3.181.22」およびActiveX向けの「同10.3.181.23」を公開し、アップデートを呼びかけている。またAndroid向けのアップデートについても、今週中にリリースする予定。

また「Adobe Acrobat」や「Adobe Reader」のコンポーネントである「Authplay.dll」への影響については調査中だが、攻撃などは確認していないとしている。

(Security NEXT - 2011/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大