Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XSSの脆弱性を解消した「Flash Player」のアップデートが公開 - ゼロデイ攻撃も発生

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」に重要な脆弱性が見つかったとして、アップデートを公開した。

クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2011-2107」が明らかになったもので、影響を受けるのは、「同10.3.181.16」および以前のバージョン。

「Windows」や「Mac」「Linux」「Solaris」など幅広いプラットフォームが影響があり、Android向けに提供されている「同10.3.185.22」や以前のバージョンについても含まれる。

同社によれば、脆弱性を悪用する悪意あるウェブサイトへアクセスした場合、ウェブやウェブメールに対してユーザー意図しない行為を行わせることが可能となるという。

不正なリンクをクリックさせることを狙ったメールが送信されるなど、脆弱性を悪用する標的型攻撃が発生している。

同社では、PC向けに最新版となる「同10.3.181.22」およびActiveX向けの「同10.3.181.23」を公開し、アップデートを呼びかけている。またAndroid向けのアップデートについても、今週中にリリースする予定。

また「Adobe Acrobat」や「Adobe Reader」のコンポーネントである「Authplay.dll」への影響については調査中だが、攻撃などは確認していないとしている。

(Security NEXT - 2011/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性