Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Sony Picturesのサーバにハッカーグループが侵入、個人情報流出のおそれ

米Sony Pictures Entertainmentのウェブサイトが、ハッカー集団から不正アクセスを受け、サーバ内部に侵入されたことがわかった。

同社によれば、6月2日に「LulzSec」と名乗るハッカーグループより犯行声明が寄せられ、同社で調べたところ不正侵入を確認した。

同グループは、個人情報約100万件など取得したと主張しており、同社ではセキュリティ対策を実施するとともに、外部専門家を交えて、今回行われた攻撃の詳細について分析を進めている。

4月以降、ソニーグループに対する攻撃が頻発しており、オンラインゲームサービス「PlayStation Network」やコンテンツ配信サービス「Qriocity」のユーザー情報約7700万人分の流出が4月に判明。5月に入ってSony Online Entertainment(SOE)のPC向けゲームサービスから約2460万件が流出したおそれがあることがわかっている。

またギリシャにおいてSony BMGのウェブサイトから氏名やメールアドレスなど約8500件、カナダではSony Ericssonにおいてメールアドレス約2000件が流出したとみられている。

さらにタイの子会社が運用するサーバ上において、動作するフィッシングサイトなどもセキュリティベンダーによって見つかっている。

(Security NEXT - 2011/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
「PlayStation Networkへログインできない」との相談増加 - 「パスワードリスト攻撃」原因か
ソニーのビデオ会議システムに脆弱性 - アップデートが公開
ソニーの業務用ネットワークカメラに脆弱性 - システム権限奪取されるおそれ
ソニーに不正アクセス、他社アカウント情報用いた「なりすまし攻撃」 - 有効アカウント9万3000件が一致
「Apache Cordova」に複数の脆弱性 - 作成したAndroidアプリに影響
Mac OS X向けアップデートで135件の脆弱性を解消 - Safariの脆弱性27件も
「iOS 8.4.1」がリリース、脆弱性71件を解消 - 国内専門家の報告にも対応
プレステ20周年記念キャンペーン、応募者情報を誤って消去