Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

依然なくならない「Gumblar」の改ざんや「Winny」関連の相談 - IPAの5月統計

情報処理推進機構(IPA)は、5月に同機構が受け付けたウイルスや不正アクセスの届出状況を取りまとめた。ウイルス検出数は減少したが、相談件数は再び増加に転じた。

レポートによれば、5月のウイルス検出数は約2万3000件で、4月の約2万6000件から11.4ポイント減少。同一の届出者のもとで同種のウイルスが同日中に複数検出された場合に1件とカウントする届出件数についても1049件と、前月から7.8ポイント下がった。

検出数では、「Netsky(63.9%)」と「Mydoom(24.5%)」で全体の8割強に上っている。届出件数では、「Netsky」「Mydoom」「Aoutrun」がいずれも2割前後を占めた。

不正アクセスの届出件数は7件で、そのうち6件で被害が発生している。内訳は侵入4件、なりすまし2件。不正アクセス関連の相談件数は55件。そのうち14件では被害が発生していた。

(Security NEXT - 2011/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増