Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシス、ウェブサイトの安全運用を支援するソリューション

日本ユニシスは、ウェブサイトの安全な運用を支援するセキュリティサービス「Webセキュア・クリニック・ソリューション」を、7月15日より提供開始する。

同ソリューションは、安全なウェブサイトの運用にあたり対応すべきセキュリティ対策を多面的に提供するサービス。今回は第1弾として、3機能を提供する。

「Web開発に携わる責任者向けセキュリティeラーニングサービス」は、開発や要件定義にあたり必要な知識を学べる開発責任者や委託もと責任者向けサービス。

さらに「脆弱性診断サービス」では、テストや運用字にウェブサイトのセキュリティチェックを行うことが可能。また「改ざん検知・変更管理ソリューション」を用意している。今後は常時監視サービスやWAFソリューションなども順次追加される予定。

(Security NEXT - 2011/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス